ハウスクリーニングは気を使う

ハウスクリーニングには魅力を感じています。でも専業主婦が頼むのは抵抗があるし、お金も高くつくし、と思って頼めずにいます。先日ギフトカタログにハウスクリーニングがあったので、よっぽど頼もうと思ったのですが、やめてしまいました。というのも、クリーニングしてもらっている間、家の中でどうしておけばいいのか気になったからです。その上、汚い家だなあと思われはしないか、分不相応だとおもわれはしないか、と気になったからです。結局これからも頼むことはないと思います。

憧れのハウスクリーニング??

私は、ハウスクリーニングを利用したことがありません。ですが、テレビCMなどで、エアコンやキッチンなどを専門の業者の方が念入りに掃除をしてくれるのを見て、ちょっと憧れがあります。

自分でいくらベタベタした換気扇やホコリの詰まったエアコンのフィルターなど掃除しても限界があります。でも専門のスタッフの方なら、あっという間にきれいにしてもらえて、気持ちよく過ごせそうじゃないですか。だから、大掃除の時期とはいわないから、年に一度位は頼んでみたいです。

ハウスクリーニングをプレゼント

最近、久しぶりに実家に帰った際に、台所のレンジフードの汚れがすごく気になりました。両親も高齢になってきたので、高いところの掃除は億劫なのかなと思い、思い切って母に「今度の母の日のプレゼントに、台所とかお風呂のお掃除をしてもらうのってどう思う?」と聞いてみると、「嬉しいわ。掃除してもらえるなんて有難い。」と、想像以上の好反応でした。他人が家に入ることとかにもっと抵抗があるのかと思いましたが、喜んでもらえそうなので、来年の母の日はハウスクリーニングをプレゼントしたいと思っています。

ハウスクリーニングの部分使いが便利!

ハウスクリーニングと言っても、セレブではありませんので、年1回の換気扇およびエアコンとエアコン室外機のクリーニングをお願いしています。

どちらも自分では掃除が大変で、しかもその割りにピカピカにはなりにくいという、厄介な物。

この頃では、クリーニングの金額もリーズナブルになってきて、庶民でも手が届くようになりました。

確かに自分でやれば無料ですから、贅沢と言えば贅沢かも知れませんが、年に1回でもプロに頼むことで、後は簡単なお手入れをしていれば良いわけですから、お願いする価値があると思っています。

エアコンクリーニング